Sフチの制作日記 ラップタイマー巨大化編1

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます!ほんと、ブログを定期的に書いている人を尊敬します、Sフチですsmiley

長らく放置したままでした、タイマー巨大化編をお送りします(^^;;

前回制作のラップタイマー(CASIOVer)をリリースしたのは2016年の3月末だったんですが、この制作時から表示器大きく、電光掲示板くらいの大きさにしたいなぁと思ってはいたんですよね(^^;;1年くらいかけてチマチマやってればできるかなーぐらいの気持ちで(^^;;

なんとなくイメージしたのはコチラ、

image

世界のSEIKO、お値段28万9千円…Σ(・∀・;)とりあえず買う選択肢はまず消えますね。あとはいろんなカツフラ大会の模様をweb上で調べては、アレどこ製のモノ?という情報聞いたり(情報収集にご協力頂いた方々ありがとうございました)

センサー自体は使い回すとして、ストップウォッチ部分だよなぁとweb上を調査する毎日。

(´・_・`)どっかに改造ベースに出来る電子工作キットでもないかな?と。

それで見つかるところがラッキーだったんですが、某Y!オクで自作プログラム入りのICチップを使ったストップウォッチキットが売ってたんですよね(^^) ただ、完成にはだいぶハードルがありそう(出品者:部品は入れとくんで参考回路見て適当に組んでね(^^))

(^^;;割と無理っぽいなと思いながらも、出品者に質問とか送ってみてました。とりあえず買ってみて、作って見れば年内くらいには何か見えるかなと思っていました。

そんなお気楽な2016年4月末を過ごしてましたね(^^)

あのお電話頂くまではΣ(・∀・;)

TSGマ◯ン「7月の大会、電光掲示板出来ないっすか?、タイム見えると盛り上がるんですよね~!良いっすか!?材料費は全部もつんで!アザース!」

ええ、見切り発車もいいところで、構想スタートの4月末。電子部品は安定の秋月。マルツパーツ館にも千石にもお世話になりました(^^;;

まだこの時点では、7セグLEDの点灯方法すら知らない・・・

IMG_5833

いったんここらへんでその2へ続きますsmiley

-ブログ, ミニ四駆改造・製作記