Sフチの制作日記 立体マシン編

2016/10/11

お疲れ様です。Sフチです。smiley

ミニ四駆の車体の記事は書いたこと無いな〜と思いまして、大したこと無いネタですが気を付けてるポイントを少し紹介します。今年に入って立体レースからは遠ざかっているので、浦島太郎状態かもです。(ココまで言い訳)

では、立体VS

image

うん、普通のマシンですね、VS特有のフロントバンパー補強についてはいろんな所で情報がありますので省略します。

今回紹介するポイントはフロントブレーキについてです。立体マシンのブレーキって大事なところなんで色んな考え方があってスレが荒れる原因に…Σ(・∀・;)

とりあえず私の感覚的なもので言いますと、ブレーキはいつも同じ効き方して欲しい、どうしても新品貼り付けから消耗していく間に効き方は変わるんで、なるべく、です(^^;; 

前置きが長くなりましたが、まあ画像をご覧ください(^^;;

image

ハイ、ブレーキに逆スラストを付けてます(写真は上下逆さまに撮ってます)

ハイ終了(^◇^;) です。以下余談。

スラストの付け方は、ポリカボディの切れ端を挟んでます(一応瞬着で固定)

image

だいぶ使い込んだブレーキ板の裏に

image

こんな感じで貼ってます。

コレの(気のせいかも知れない)効果としては、ブレーキスポンジ水平に貼った時に比べ、スポンジのカドが削れて効き方が安定するまでの時間が短い(もしくは無い)ので狙った制動力が出しやすい。あと、赤ブレーキのめくれが少ない(無くはならないので前側は瞬着で固めたり)かなー(^◇^;)

あとはポリカの切れ端をスポンジにして衝撃吸収なんてしてみたり(^^;;効果は有りませんでした(笑)

あ、ここまで書いて気付いてしまいましたが、VSシャーシ全く関係無いですね(^^;;

まぁ、良かったらお試しください(^^)ではまた。

 

 

-ミニ四駆改造・製作記