ViViの立体マシン製作記(SPS VSシャーシ)

2017/12/02

久々の投稿ViViです!

今年も残りわずか・・・今年振り返って使用した立体マシンの製作記(パート1)をアップしたいと思います。

●シューティングプラウドスター VSシャーシ●

IMAG1474

当初はこんな感じで考えていました~

IMAG1243

ピンクVSでサイドマスダン仕様

ですが・・・もっとボディを低く乗せたい・・・カラーコーディネートのイメージもなんか違う・・・

このままじゃ嫌だ・・・と思い始めていつの間にか・・・

↓こんななってましたw↓

IMAG1458

それから塗装してシール貼って~完成!

IMAG1465

IMAG1468

◆仕様◆

・ボディ:リアウイングをカットしボディサイドへ移植

・フロントバンパーカット(シャーシ裏からカーボンで付け根を補強)

・ヒクオ(プラボディの重量があるので、マスダンはアジャストマスダン左右2個ずつに)

・タイヤ直径23.5mm 前ローフリクション幅2mm、後ノーマルタイヤ幅3mm

 ダミータイヤは足回り軽量化のため大径ローハイトスポンジタイヤに。

・リア~東北ダンパー6×6スクエアマスダン

・フロントスタビは小径カーボンホイールを使用。(安定感が得られなかったので、後から取り付け位置を5mmほど上げて調整)

プラボディとはいえ、なかなか良い走りをしてくれて、大村ボート杯では2位という戦績を残したマシンです!

なんだかんだで今年は立体マシンを触ることが多かったです・・・

立体マシン製作記パート2へ続く~

 

 

 

-ミニ四駆改造・製作記