ViViの立体マシン製作記(フェスタジョーヌ MAシャーシ)

2017/12/02

ベトナム1週間の出張→帰国前日に食中毒→ベトナムの病院でもらった薬と気力で体に鞭打ってなんとか帰国→免疫力低下で帰国後風邪→気力で乗り切ってましたが、咳のし過ぎで喉がつぶれてオカマ声になってきたんでいい加減きっちり治さないといけないと思い今日病院に行ってきたViViです。(長い冒頭ですみません・・・)

今年を振り返っての立体マシン製作記パート2をお送りします!

●フェスタジョーヌ MAシャーシ●

DSC_0011

 

 

 

 

もともとフロントヒクオ仕様のMAシャーシを考えていたところへ

フェスタジョーヌのクリヤボディが販売になったので、フロントヒクオ路線をやめて

フェスタジョーヌのシャコタン化計画に移行してセッティングしたマシンです。

メッキホイールはコンデレ用で、実際は走行用に芯の出てるホイールに替えてます。

DSC_0013

 

 

 

 

◆仕様◆

ボディ:フェスタジョーヌクリヤボディ シャコタン化

フロントマスダン:6×6スクエアマスダンを1/3ほどカット

リアマスダン:スリムマスダン

フロントローラー:12-13Wアルミ(角度調整プレートにて左右スラスト5°)

リアローラー:13mmオールアルミ

タイヤ:直径26.5mm(トレッド加工)

典型的な見た目重視マシン・・・

シャコタン化に重点をおいて改造したため、フロントバンパーの位置が低いです。

そのため立体攻略のキモであるブレーキセッティングの調整幅が無さ過ぎて非常に扱いづらいマシンとなりました(滝汗

そこまで走りこませてるマシンではないので、そのうちじっくりセッティング煮詰めたいと思ってます!

パート3へ続く~

 

-ミニ四駆改造・製作記