ViViの立体マシン製作記(ウイニングバードフォーミュラ FMAR)

タミヤ公式新レギュ「ローラー装着無制限」にワクワクと戸惑いを隠しきれないViViです。

今年を振り返っての立体マシン製作記パート3です!

●ウイニングバードフォーミュラ FMAR●

20170503_113526_trim

 

 

 

 

蛍光イエローのARシャーシをFM化。

ARシャーシのモーター部にあるダクト形状がかなりかっこいいので、

わざと露出させてボディと一体感でるように、思い切ったボディカットを行いました。

レース中に自分のマシンをよく見失うので、蛍光イエローで派手にいけば見失わないだろう!というコンセプトがあったりもします。

20170503_113608_trim

 

 

 

 

リアのマスダンは紐ダンパー風のものをこさえてインストールしましたけど、

イマイチあつかいきれなくて、現在は通常のダンパーセッティングにしています。

20170503_113806_trim

 

 

 

 

フロントに入れているシルバーカーボンはボディを固定するためだけという見た目重視でいくためのこだわりですw

20170503_113736_trim

 

 

 

 

ヒクオはシャーシ両サイドを叩くようにしてあります。

基本的にヒクオでマシン作るときは電池叩くより、シャーシを叩くようにするのが個人的なこだわりです。

Youtubeに動画アップしてるマシンなので是非ご覧ください!

https://www.youtube.com/watch?v=fia4PzLViS0

詳細な仕様はyoutubeを見ていただければと思います。

次回のブログではFM-Aマシンをアップ予定です!

 

-ミニ四駆改造・製作記